KOKI MATTRESS

スタッフブログ

マットレスの選び方って・・・❓

マットレスの選び方 皆様、マットレスを選ぶ時に悩んでいませんか? そんな方たちに少しでもお役に立てればと思いまとめてみました。 どうぞご参考にしてください! 1.まずは今使用している寝床に満足しているか、不満が有るかです! もし不満が有れば具体的にどこに問題が有るか、また今まで使用した寝床で妙にしっくり来ていた寝床が有れば 出来るだけ具体的な感触などを思い出してください。 2.自分の好みの寝心地を決めましょう! 1の作業により、自分がどのような寝床を好んでいるかを決めます。この時に分かりやすい方法としてマットレスを3層に分けて考えると決めやすいと思います。 3.3層の分け方は…? 1層目:身体に一番近い層となるので生地の硬さなどがポイントとなる表生地層 直接肌に触れるのはシーツなどのカバーとなりますので、マットレスの表生地は硬さなどの触をポイントとしてください。 2層目:身体を受け止めてくれるのがウレタンなどを使用している詰め物層 <材料例> ウレタン:クッション材として一番多く使用されているのがウレタンです。 低反発ウレタン:主に枕などの中身材で使用されている材料で反発力が少なく、寝た時に身体が沈み込むような感触になります。 高反発ウレタン(ラテックス):反発力が強く、感触は柔らかいのですが身体を高反発で受けてくれる中身材です。イメージとしてはこんにゃくのように柔らかいが腰が有る! 3層目:この層が一番大事な部分となる身体を支えてくれる骨格となる層 最近多く出回っているウレタン系や 繊維樹脂系のマットレスには、この層が無いため正しい寝姿勢が得られません。また短時間でへたりなどの 問題が発生してしまうのです。 弊社がおすすめするスプリングコイルは重たい身体をしっかりと支え、しかも 人体の頭部・背中部・腰部・脚部と複雑な形状をバランスよく受け止めて正しい寝姿勢を維持できる最適な 骨格層となるのです。 スプリングコイルでもボンネルコイルやポケットコイルなど色々種類がありますが、分かりやすいお勧めで言うと 硬めの寝床が好みで、畳の上に直接寝るぐらいのしっかり感を望まれる方にはボンネルコイルがお勧めです。 そして横向き姿勢やうつぶせ姿勢で寝られる方で、肩や腰などの部分的なあたり感などが気になる方には ポケットコイルがお勧めです。ポケットコイルは一個づつが独立しているため、お二人で寝られる方にも寝返り時などの振動が伝わりにくいのです。 4.寝床の選び方は、やはり実際に横になってみる事が一番です! 家具店や専門店でベッドに靴を履いたままでも横になれますので、1~3のポイントを頭に入れて是非味わってみてください。 ふんわり感などの感触ばかりではなく、3層目となる骨格部分も必ず見てください。 横になったり、うつぶせになったりして 寝姿勢が保てているかなどを検証した上で、自分に合っている材料などを確認してください。
マットレスの選び方って・・・❓