KOKI MATTRESS

製品一覧

製品仕様

設置が簡単な
圧縮ロールでお届け

圧縮密封後、更にロール状にマットレスを
巻き込んだ状態でお届け。
通常のマットレスの1/4程度の大きさなので、
取り回しやすく2階や3階への運び込みも簡単。
後は、おきたい場所で梱包を解くだけで
設置することが可能です。

2つのコイルから
お好みでお選び頂けます

圧縮ロールマットレスでは、2種類のコイルを用意しており、
点で体を支える”ポケットコイル”と
面で体を支える”ボンネルコイル”の中から
お好みのコイルをお選び頂けます。

熟練の技術で、
最高級の品質をお届け

KOKIのマットレスは、すべて熟練の職人が
製作しています。マットレスの主材となる、
コイルスプリングやウレタン等、全てを自社製造。
素材から製品まで製造を一貫して行うことで、
お客様が求める製品を、安心・安全な品質で
作り続けています。

1.圧縮ロール式でも、しっかり感を実現

しっかりと身体を支えるスプリングコイルを追求

通常、大手の家具メーカーなどで販売されている圧縮ロール式マットレスは、圧縮を簡単にするため柔らかいスプリングコイルを
使用するものがほとんどです。 しかし、柔らかいものでは身体を支える力が弱く、”嫌な沈み込み”を生み出します。
本来のスプリングコイルの機能は、寝ている身体を下からしっかりと支え、睡眠中の身体を理想的な寝姿勢に保たせることにあります。
そこで弊社は、スプリングコイルの材料から特注し、研究に研究を重ね圧縮梱包が可能でありながらもしっかりとした寝心地の
スプリングコイルマットレスを実現しました。
それがKOKI mattressの圧縮ロール式マットレスです。

2.3ゾーンポケットコイルで理想の寝姿勢に

腰部の過剰な沈み込みを防ぐ”コイル配列”

人間が寝ているとき、腰部にはもっとも力がかかり、沈みがちになります。
腰が沈むと寝姿勢が大きく崩れてしまい、骨やその周辺の筋肉、靭帯に負担がかかり痛みが生じます。
そこで、頭部、腰部、脚部の「3つのゾーン」に区切り、コイルの硬さを変えています。
腰部に硬めのコイルを配置することで沈み込みを防ぎ、理想的な寝姿勢をキープします。

3.トッパーでさらに上質な寝心地を

トッパーとマットレスを一体式に

3ゾーンポケットコイルマットレスは、トッパーとマットレスが一体になっています。
一体式にすることで、寝返りをうってもトッパーが、ズレることなくしっかりと身体を包んでくれるので、
心地よい睡眠を得られます。
トッパーと一体式のマットレスは、圧縮が難しく、ロール式に梱包するには、高度な技術を必要とします。
長年マットレスにこだわってきた弊社だからこそできる熟練の技です。
0 80cm x 195cm x 25cm 23kg ホワイト 1 100cm x 195cm x 25cm 25kg ホワイト 1 120cm x 195cm x 25cm 29kg ホワイト 1 140cm x 195cm x 25cm 33kg ホワイト