KOKI MATTRESS

マットレスの交換時期

マットレスは実は消耗品なんです!!

マットレスの耐用年数は、人それぞれ差はありますが、寝床部分が変形したら交換時期です。 床面が変形してしまうと睡眠時に必要とされるまっすぐな寝姿勢ができずに、腰などへの負担も大きくなり、 熟睡できなくなってしまう可能性があります。
ウレタンなどの固形材だけのマットレスだと、荷重と汗などの水分により、 スプリングコイルよりも早く変形を発生させてしまいます。
スプリングコイルマットレスの場合、コイル形状による大きな空洞部分が、 空気を通すことで水分を乾燥できるため、耐用年数が長くなります。

マットレスを長持ちさせる工夫をしています!

スプリングマットレスをより長く快適な寝心地で維持するためには、 定期的な陰干しやローテーション(ヘッド部・フット部の交換)が大変重要です。 しかし、簡単にマットレスをローテーションしてください、と言っても一般的には大変重く、 女性や子供ではとても動かせる重さではないものが大半です。
弘樹社ではこれも課題として、使用する材料を必要最小限に抑え出来る限り軽量になるよう改良を重ねてきました。
ボンネルコイルマットレスは厚みを12㎝で仕上げ(一般的な他社は約18㎝)、寝心地を損なわずに軽量化でき、 価格的にも安く抑えることが出来ました。また、その他の例として、マットレスを3分割にして、 女性でも簡単に動かせ、押し入れなどへ収納も可能にしたマットレスの開発も行ないました。 弘樹社は特殊加工(特許申請中)により、3分割でも違和感が出ないマットレスの開発に成功しており、 弘樹社のヒット商品でもあります。