KOKI MATTRESS

圧縮ロール式マットレスの進化

現在、人手不足などが要因となり、配送料の高騰は著しく、その為マットレス業界においても圧縮ロール式マットレスは主流となり、どこでも販売されるようになりました。 圧縮ロール式マットレスは、スプリングコイルの特性を生かし、配送に便利な圧縮ロール仕上げのコンパクト梱包にしてしまう商品です。よってスプリングコイルの材質はとても重要で、悪質な材料を使用してしまうと本来のマットレス形状に復元出来なかったり、圧縮できる事ばかりに執着し、妙に柔らかい寝心地を無視した商品になってしまうのです。 KOKIマットレスでは、この度、圧縮ロール式マットレスを販売開始してから3度目となるスプリングコイルの改良を行いました。日々進化するコイル鉄線の材料メーカーとやり取りを続け、第一に最高の寝心地をキープ出来るスプリングコイルに拘りを持ち、現状の最適な材料を吟味しております。 開梱してから、約10秒で本来のマットレスの形状に復元でき、嫌な柔らかさも無く、最適な寝心地のマットレスにまた一歩近づけました! 圧縮ロール式マットレスで起こりがちな、復元不可によるサイズ違い問題などは、特にコイル鉄線の材質に起因する事が多いのです。 スプリングマットレスを圧縮し、しかもロール形状にまで負荷を掛けるにはそれ相当の鉄材料が必要となります。これにいかに重点を置いて製造に携わっているかが、圧縮ロール式マットレスを販売しているメーカーの責任だと自負し、今後も改善に取り組んで参ります。
圧縮ロール式マットレスの進化